応用

WAFとは

デジタルビジネス向けの高度な保護

Web Application Firewalls (WAF)について詳しく説明したガイドでは、WAFがサイバーセキュリティ環境において重要な防御者として機能し、新たなデジタル脅威からWebサイトやアプリケーションを保護する方法について説明しています。

内容

関連ページ

ラーニングセンターへようこそ! 今日は、Web Application Firewalls(WAF)の複雑さを深く掘り下げます。 WAFは単なるセキュリティ対策ではなく、デジタル防御戦略の重要な要素です。

WAFの概要

Web Application Firewall(WAF)は、オンラインアプリケーションを保護するための第一線として機能します。 WAFの主な機能は、Webアプリケーションとの間で送受信される有害なトラフィックを監視、フィルタリング、および潜在的にブロックすることです。 これを実現するために、WAFは、ルールベースのロジック、解析されたアプリケーションレベルのデータ、および潜在的に動作ベースのヒューリスティックを組み合わせて、脅威を特定して軽減します。

WAFの保護的役割

Webアプリケーションファイアウォールの操作の中心には、ルールセットがあります。ルールセットは、OWASP Top 10の脆弱性と一致するような悪意のあるパターンに基づいていることがよくあります。 高度なWebアプリケーションファイアウォールを使用すると、カスタムルールを作成できるため、セキュリティチームは特定のアプリケーション要件やトラフィックプロファイルに合わせて防御を調整できます。

サイバー攻撃

  1. SQLインジェクション:マスターキーを持つ窃盗犯と同様に、SQLインジェクション攻撃は脆弱性を悪用して機密データベースを破壊したり、アクセスしたりする可能性があります。 これらは、そのような攻撃に対する重要な障壁を提供します。
  2. クロスサイトスクリプティング(XSS):XSS攻撃は、信頼できるWebサイトに有害なスクリプトを注入することを含みます。 これらのスクリプトをフィルタリングして、Webコンテンツの整合性を維持します。
  3. セッションハイジャック: ID盗難と同様に、システムはユーザーセッションの不正な乗っ取りを防止します。

自動トラフィックとボット

  1. ボット攻撃:ウェブアプリケーションファイアウォールは、有益なボット(検索エンジンクローラーなど)と悪意のあるボット(コンテンツスクレイパーやアカウントを侵害しようとする攻撃者など)を区別します。 ボット攻撃の詳細については、ここをクリックして ください。

アプリケーションレイヤーのDDoS攻撃

  1. 分散型サービス妨害(DDoS)攻撃:この攻撃は、店舗をブロックする群衆のように、リソースを圧倒します。 WAFSは、余分なトラフィックをフィルタリングすることで、これらを軽減します。 DDoS攻撃の詳細については、ここをクリックして ください。

WAFを使用しない場合のリスク

Web Application Firewall(WAF)のシールドのないWebアプリケーションは、広範囲に及ぶ結果をもたらす可能性のあるサイバーリスクにビジネスをさらします。

データ侵害の直接的な脅威から、コンプライアンス違反の罰金や評判の低下による危険性まで、WAFがないとデジタル資産は脆弱なままになります。 以下は、この重要なセキュリティレイヤーを使用しない運用に関連するさまざまなリスクの一部です。相互接続が進み、脅威が増加する今日のオンライン環境においてWAFが重要であることを示しています。

  1. データ侵害:WAFがないと、サイトは攻撃の影響を受けやすくなり、重大なデータ盗難や金銭的損失につながる可能性があります。
  2. コンプライアンスペナルティ:GDPRなどのデータ保護規制に違反すると、多額の罰金が科せられる可能性があります。
  3. 評判の低下:データ侵害は、顧客の信頼とブランドの評判を回復できないほど損なう可能性があります。
  4. ダウンタイムコスト:企業、特にeコマースサイトでは、攻撃によるダウンタイムが大幅な収益損失につながる可能性があります。

WAF導入モデル

WAFSは、ネットワークベース、ホストベース、クラウドベースなど、さまざまな形式で導入でき、それぞれに明確な利点があります。 ネットワークベースのWAFは通常、低レイテンシと高性能を提供するハードウェアアプライアンスであり、ホストベースのWAFはアプリケーションのソフトウェアに統合されています。 クラウドベースのWAFは、柔軟でスケーラブルなソリューションを提供します。特に、グローバル規模で動作するWebアプリケーションの保護に適しています。 マネージドWAFがビジネスを保護する方法については、こちらをご覧ください。

自動および手動による脅威対応

WAFは、ルールセットに基づいて悪意のあるトラフィックをブロックすることで脅威に自動的に対応できますが、微妙な脅威に対する手動介入も容易になります。 セキュリティの専門家は 、ログとアラートを分析してパターンを特定し、それに応じてポリシーを調整できます。

コンプライアンスにおけるWAFの役割

WAFSは、組織がPCI DSSなどのデータ保護基準に準拠するための支援を行います。 WAFは、クレジットカードデータを処理、保存、または送信するアプリケーションを保護することで、コンプライアンス環境において極めて重要な役割を果たします。

WAFと他のセキュリティ対策との統合

有効性を最大限に高めるためには、WAFを包括的なセキュリティ戦略の一部とし、DDoS防御やOrigin Shieldsなどの他のセキュリティ対策と統合する必要があります 。 この包括的なアプローチにより、アプリケーションはさまざまな攻撃ベクトルから保護されます。

WAFおよびエッジセキュリティプラットフォームのその他の利点

WAFの目的は、サイバー脅威からWebアプリケーションを強化することですが、その利点は単なる保護にとどまりません。

パフォーマンス向上のメリット

Web Application Firewall(WAF)を実装することで、Webアプリケーションを保護するだけでなく、パフォーマンスも向上します。 WAFによる効率的なトラフィック管理により、リソースが効果的に割り当てられるため、サーバの負荷が軽減され、応答時間が短縮されます。

これによりページの読み込み時間が短縮されます。Googleの調査によると、モバイルの読み込み時間が1秒遅れてもコンバージョン率が最大20%向上する可能性があるため、これは非常に重要です 。 WAFは、悪意のあるトラフィックや不要なトラフィックをフィルタリングすることで、アプリケーションをスムーズに実行し、ユーザーエクスペリエンスの向上とコンバージョン率の向上に直接貢献します。

カスタマイズ可能なセキュリティルールの影響

WAFの主な利点は、ビジネスニーズに合わせてセキュリティポリシーを調整し、さまざまなサイバー脅威に対応できることです。 カスタマイズ可能なルールにより、Webアプリケーションの特定の脆弱性に対処し、セキュリティを向上させ、一般的なWebセキュリティの問題である誤検知を最小限に抑えることができます。 セキュリティ設定を微調整することで、保護とユーザーのアクセス性のバランスを確保し、セキュリティを維持しながらビジネス継続性を保護します。

リアルタイム保護によるビジネスへの影響

2024年の時点で、サイバー犯罪は世界に毎年驚異的な$9.5兆米ドルの損失をもたらすと予測されて います。 Cybersecurity Venturesが報告したこの数字は、以前の推定値から大幅に増加していることを示唆しており、世界経済に対するサイバー犯罪の影響が拡大していることを示しています。

高度なWeb Application Firewalls(WAF)によるリアルタイム保護はますます重要になっています。サイバー脅威が頻繁になるだけでなく、金銭的損害も増大しています。 このような脅威を特定して軽減するWAFの高度な機能は、急速に拡大するサイバー脅威を背景に企業を保護するために不可欠です。

ビジネスにEdgioのWAFとエッジセキュリティを選択する理由

サイバー脅威はますます高度化しており、適切なWeb Application Firewall(WAF)とEdge Securityプラットフォームを選択することは、企業にとって重要です。 Edgio独自のWAFおよびエッジセキュリティソリューションは、現代の企業の特定の課題やニーズに合わせてカスタマイズされた包括的な防御を提供します。

EdgioのデュアルWAAPによる高度な保護

Edgioの革新的なデュアルWebアプリケーションおよびAPI保護(WAAP)は、多層防御システムを提供し、デジタル資産のセキュリティを大幅に強化します。 この2層アプローチにより、企業はリスクのないライブ環境でセキュリティルールをテストして改善することができます。これにより、セキュリティ対策が堅牢で効果的であり、ユーザーエクスペリエンスを妨げないようになります。

Ponemon Instituteの調査によると、2020年時点でデータ侵害の平均コストは約$3.86 100万ドルです。. Edgioの高度なDual WAAPテクノロジーを活用することで、企業はコストのかかる侵害のリスクを大幅に軽減し、データの安全性だけでなく、財務健全性も保護できます。 L受賞歴を誇るEdgioのデュアルWAAPの詳細をご覧 ください。

Web Application Firewallの重要性を理解することは、オンラインで業務を行うすべての企業にとって不可欠です。 Edgioの最先端のWAFおよびエッジセキュリティプラットフォームを使用すると、ビジネスの成長に集中でき、進化し続けるサイバー脅威からデジタルプレゼンスを保護できます。

ご質問がありますか?

私たちは、これを受け入れることがたくさんあることを理解しています。 ご質問がある場合や、さらに明確にする必要がある場合は、お気軽にお問い合わせください。 私たちのチームは、オンラインでの成功に必要な知識とツールをすべて備えていることを確認します。 専門家に相談するには、ここをクリックしてください

トレンドトピック

最新のサイバーセキュリティ脅威2023