Home 技術記事 CDNエッジでのフォレンジックウォーターマーキングによるオンラインコンテンツの保護
Applications

CDNエッジでのフォレンジックウォーターマーキングによるオンラインコンテンツの保護

About The Author

Outline

オリジナルソース:ライムライト・ネットワークス

ストリーミングが動画消費の主流となっていることに伴い、コンテンツの著作権侵害はその量と範囲が増加しています。 コンテンツ保護と著作権侵害対策ソリューションは、配信時のコンテンツのセキュリティ、コンテンツへのアクセス制御、不正なストリームのソースを追跡する機能を網羅する包括的なアプローチの一環として連携しています。

オンラインに移行する動画が増えるにつれ、評判や収益の盗難の脅威が高まっています。 プレミアムコンテンツがオンラインになるにつれて、そのリスクも高まります。映画館がパンデミックの影響を受けているため、ストリーミングサービスを通じて公開されたファーストラン映画、有名なスポーツライブイベント、新しいプレミアムサブスクリプションサービスなどは、ほんの一例です。

ここでは、フォレンジック透かしが有効になります。 これにより、コンテンツ所有者とプロバイダーは、視聴者に目に見える影響を与えることなく、海賊版ストリームのソースを一意に識別できます。 動画が不正なチャンネルやサービスに配信された場合、最後に承認された受信者まで追跡できるようになりました。 各サブスクライバに固有の不可視ウォーターマークがストリームに埋め込まれます。 アセットが違法に共有されている場合、コンテンツ所有者は著作権侵害の原因となったアカウントを特定してシャットダウンすることができます。

実際、パンデミックにより、今日のあらゆる種類のコンテンツのオンライン配信への移行が加速しており、資産とサービスを保護する必要性がこれまで以上に重要になっています。 しかし、リスクの先手を打つために、適切なテクノロジーをどのように、どこに実装すればよいのでしょうか。

コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)エッジは、個々のコンシューマー・ストリーミング・セッションが配信される場所であるため 、重要なフォレンジック・ウォーターマークによる著作権侵害の軽減機能を実行するのに最適な場所です。 理想的なインフラストラクチャは、分散サーバーレスコンピューティングリソースを導入し、CDNのエッジにある複数の場所にある配信サービスと統合します。 このシナリオでは、フォレンジックウォーターマークを視聴者に近いネットワークエッジでのビデオ配信の一部としてシームレスに適用し、レイテンシーを最小限に抑えながら、コンテンツを大規模に保護する機能を最大限に活用できます。

コンテンツプロバイダーには、エッジでデジタルストリーミングされたコンテンツやイベントを保護するためのさまざまなオプションがあります。 透かしは、流通チェーンの複数のポイントで行うことができます。 サーバー側のウォーターマークは、ストリームがエンドユーザーに配信されるときに発生し、アダプティブビットレートストリーミングコンテンツ内に配置できます。 ウォーターマークロジックは、各エンドユーザーへのコンテンツの配信中に実行でき、サーバー側で安全に実行されるため、変更できず、中間者攻撃から安全になります。 配信時点で個々のストリームにウォーターマークを実行することは、ライブおよびオンデマンドのストリーミングシナリオに適しています。

一般的なワークフローでは、フォレンジック透かしには、コンテンツ準備段階と個別の透かし段階が含まれます。 この代表的な図では、コンテンツ準備段階で入力ビデオを取得し、目に見えない透かしや情報を適用し、アセットを配信元に転送します。 次に、[配信とエッジの透かし]ステージで、透かしされたアセットを使用して、一意に識別可能な透かしパターンがセッションごとに作成されます。

LimelightのサーバーレスコンピューティングプラットフォームEdgeFunctionsとCDNサービスをサードパーティの透かしソリューションと組み合わせること で、独自の透かしを適用した高品質のビデオストリームを作成して配信するための理想的なソリューションを形成し ます。 EdgeFunctionsはCDNと緊密に統合されており、視聴者に近いネットワークエッジで透かしと配信をシームレスに実行します。 透かしソリューションプロバイダーは、上述の基本的なアプローチのバリエーションである透かしに対するさまざまなアプローチを提供する場合があります。 1つのアプローチはA-B透かしと呼ばれます。 各チャンクのAバージョンとBバージョンは、準備段階で作成されます。 配信ステージでは、CDNエッジサーバーはチャンク要求をリダイレクトして、要求された各チャンクのバージョンAまたはバージョンBのいずれかをプレーヤーに配信します。 各ユーザーには、トレース目的でウォーターマーク識別子をエンコードする一意のAおよびBビデオチャンクシーケンスが配信されます。

もう1つの方法は、エッジから送信される応答の本文を変更することです。 これにより、コンテンツプロバイダーは、OTT ABR(アダプティブビットレート)ビデオ配信システムでエンコードされたビデオストリームを変更できます。

エッジでのウォーターマークとサービス保護のベストプラクティスに取り組むため、Limelightは先日、CDNとエッジコンピューティングを組み合わせて将来性を保証する方法の実際の例を紹介するウェビナーを開催しました。