Home Blogs エッジプラットフォームがもたらす3つの主なビジネスメリット
Applications

エッジプラットフォームがもたらす3つの主なビジネスメリット

About The Author

Outline

従来、コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)は、消費者の近くでファイルをキャッシュするために使用されていました。これにより、メディア・パブリッシャーは、ビデオおよびゲーム・ソフトウェアをできるだけ迅速に顧客にストリーミングでき、また、リスクの高いWebアプリケーション・プロバイダーは、Webページを同等に高速に配信できます。

最終的に、アプリケーションとコンテンツの所有者は、これらのネットワークがキャッシング以外にも使用できることに気づきました。これにより、デジタルエクスペリエンスの向上、安全性の向上、パーソナライズ化、収益性の向上が可能になりました。 市場はエッジプラットフォームで対応しました。これは、従来データセンターやクラウドの領域であったコンピューティングおよびデータワークロードを処理できるCDNの進化です。 エッジプラットフォームは、現在、すべての消費者向けビジネスのデジタルスタックの基本的な部分になっています。

従来のCDNからエッジプラットフォームへの進化は、企業や消費者体験の向上にどのように役立つのでしょうか。

利点1:総合的なセキュリティ保護

オンプレミス、クラウド、SaaSシステムの普及に伴い、テクノロジーリーダーは、ますます多様化し拡大する攻撃対象領域を攻撃者から保護することに苦慮しています。 さらに、セキュリティソリューションのチェーンを実装し、単一障害点を作成し、セキュリティレイヤー間にレイテンシーとパフォーマンスのボトルネックを追加することで、リーダーは過剰に補償する傾向があり ます。 平均的なWebページがモバイルとデスクトップで65-70件のリクエストを生成し、すべてのページでレイテンシーが蓄積することを考えると、 パフォーマンスは悪影響を受けます。

複数のクラウド、オンプレミスのデータセンター、SaaSツールにまたがる最新のアプリケーションの分散性により、従来のセキュリティ境界の概念はもはや適用できません。 全体的な保護を確保するには、これらすべての環境に存在できるエッジ対応ソリューションを導入する必要があります。そうしないと、VPNを使用してすべてのトラフィックをセントラルオフィスにルーティングすると、望ましくない遅延やネットワークコストが発生する可能性があります。

クラウドプロバイダー、アプリケーション、ストレージサーバーの前にあるエッジにセキュリティを移行することで、インフラストラクチャとデータはどこにいても保護されます。

メリット2:スピードとAI主導のパーソナライゼーションによる消費者体験の向上

一般的に、コンピューティングをユーザーに近づけば近づくほど、アプリケーションは高速になります。 エッジコンピューティングにより、企業はWebアプリケーションのコンポーネントをネットワークのエッジにまで押し込むことができ、さらには消費者のデバイスにまで押し込むことができるため、Webデバイスやモバイルデバイスでのページロードを高速化できます。

そのためには、インテリジェントな予測プリフェッチが必要です 。プリフェッチは、消費者が次に必要とするアクション、データ、コンテンツを予測し、要求を見越してブラウザやモバイルデバイスに情報をプッシュします。 これにより、Webページとモバイル画面が即座にロードされます。

スピードに加えて、エッジはファーストパーティのデータまたはAIアルゴリズムに基づいたパーソナライズを実装するための理想的なレイヤーになることができます。 組織は、エンドユーザーの好み、キーワード検索、およびジオロケーションに関する知識を使用して、ユーザーに関連する製品をリアルタイムで表示できます。

メリット3:コストの削減

エグゼクティブの約 75%は 、帯域幅のコストが低いこともあり、エッジコンピューティングを戦略的投資と考えています。 エッジコンピューティングにより、ローカルデータセンターは、中央のデータセンターやクラウドにデータを送信する代わりに、独自のデータを処理できます。 ローカルで処理することで、ネットワーク上で送信されるデータ量が大幅に削減され、帯域幅と接続性が低下します。

リモートサーバまたはデータセンターは、停止や中央データセンターへの接続に関係なく、独立して動作します。 中央ネットワークへの依存をなくすことで、デジタルビジネスは絶えず変化する市場でより多くの可用性と俊敏性を得ることができます。

エッジから真のコスト削減を実現するには、バランスのとれたアプローチが必要です。 すべてのノードで冗長な作業を実行する代わりに、クラウドでワークロードを計算して複数のエッジノードにキャッシュする方が効率的な場合があります。 そのため、Edgioのような包括的なアプリケーションプラットフォームを使用することが重要です。このプラットフォームを使用 すると、クラウドとエッジの両方の機能をインテリジェントに活用して、ピークパフォーマンスとコスト最適化を実現できます。

結論

エッジプラットフォームは、幅広いユースケースと高度な機能により、従来のCDNやクラウドプロバイダーの市場シェアを占めています。 企業は、エッジコンピューティングとAI機能、リアルタイム応答、ワークロードのインテリジェントな移行による全体的なコストを削減しながら、セキュリティ体制、パフォーマンス、消費者体験を改善しています。

Edgio は、デジタルコンテンツの最高レベルのパフォーマンスと保護を提供し、全体的な収益とビジネス価値を高めるように設計された、開発者向けの統合プラットフォームを備えたグローバルエッジネットワークです。

Tags

Just For You