Home Blogs コンテンツ配信ネットワーク(CDN)でオンライントラフィックの渋滞を防止
Applications

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)でオンライントラフィックの渋滞を防止

About The Author

Outline

多くの業界が新型コロナウイルスの影響を受けており、オンラインショッピングやストリーミングビデオなどのポジティブな面もあり ます。 多くの専門家は、これがパンデミック後も継続し、ストリーミングやeコマースサービスのトラフィックが急増すると予測しています。 課題は、オンラインビジネスが活況を呈しているときに停止を防ぐことです。

Googleの調査 によると、「ページの読み込み時間が1秒から10秒になるにつれて、モバイルサイトの訪問者が跳ね返る確率は123%増加します」。 要するに、応答時間の増加は人気の増加をキャンセルするのに十分です。

ここでは、コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)が役立ちます。 CDNは、Webページやビデオなどのデジタルコンテンツをインターネットサービスプロバイダのラストワンマイル接続を介してユーザーに迅速に配信するプライベートファイバーリンクによって接続された分散サーバーとして機能します 。 この方法では、遅延や応答時間が最小限に抑えられ、お客様のネットワーク上のトラフィック負荷が軽減されます。 CDNエッジサーバーがユーザーに近いほど、コンテンツの配信が速くなります。

単一のエリアではなくインターネット全体のトラフィックが多い場合、CDNはトラフィック負荷を可能な限り広く分散し、中央の場所ではなくローカルデータセンターからの顧客トラフィックを提供することで役立ちます。 たとえば、ユーザーがWebサイトにアクセスすると、そのユーザーに最も近いエッジサーバーがコンテンツを配信します。 これにより、データが可能な限り最短距離を移動できるため、レイテンシーの遅延が減少し、ページの読み込み時間が短縮されます。

この問題を解決するために、Limelight(現Edgio)は、トラフィックの多い時間帯に静的および動的コンテンツの配信を促進するWeb Accelerationサービスを提供しています。 つまり、理想的なユーザーエクスペリエンスを損なうことなく、ユーザーにサービスを提供し続けることができます。 Webアクセラレータを使用すると、サイトの読み込みを迅速化し、顧客に満足してもらい、より効果的に機能するWebプレゼンスに費やすコストを削減できます。

CDNを選択する際には見過ごされることがよくありますが、コンテンツストレージの選択肢はワークフロー、総コスト、アクセス速度に直接影響します。 ストレージの統合が不十分な場合’大規模なコンテンツ・ライブラリの管理がはるかに困難になります アクセスコストはストレージコストを上回る可能性があり、アクセス速度は非効率的なストレージ配置と転送速度の低下に悩まされる可能性があります。 シンプルなストレージは、デジタルコンテンツ配信に適したオリジンを提供します。 ただし、インテリジェントなストレージサービスを使用すると、ユーザーエクスペリエンスが大幅に向上し、コンテンツの取り込み、保存、複製、配信の場所と方法など、より詳細な制御が可能になります。 トラフィックパターン、ユーザー要件、およびその他のビジネスニーズに基づいてポリシーを変更し、遅延の最後のビットを絞り、優れたユーザーエクスペリエンスを提供できます。

幸いなことに、Edgioの オリジンストレージ には大容量、幅広い配信、強力なAPIライブラリがあり、ユーザーは近くにキャッシュされていなくてもお気に入りのストリーミングプログラムにアクセスできます。

CDNの主な目的は、応答時間を最小限に抑え、帯域幅の消費量とコストを削減し、ピーク時のトラフィック負荷の高い処理に必要なスケーラビリティを提供することによって、エンドユーザーへのコンテンツ配信を高速化することです。 これにより、CDNは、COVID-19の発生以降に発生し、今後も発生し続けるトラフィックの急増に対処するために必要なテクノロジーとなります。

EdgioのCDNおよびその他のストリーミングビデオ、Edge Services、クラウドセキュリティに関するサービスの詳細をご覧ください。

出典:

1. https://www.thinkwithgoogle.com/marketing-strategies/app-and-mobile/mobile-page-speed-new-industry-benchmarks/