Home Blogs APIセキュリティの習得:検出から防御まで
Applications

APIセキュリティの習得:検出から防御まで

About The Author

Outline

アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)は、さまざまなソフトウェアアプリケーション間の橋渡しとして機能し、データをシームレスに通信および共有できるようにします。 ソフトウェアコンポーネントの相互作用の方法とプロトコルを定義し、開発者が多様なシステムと機能を統合できるようにします。 APIは、企業が効率性を高め、イノベーションを促進し、デジタルリーチを拡大できるようにするため、現代のテクノロジーエコシステムにおいて不可欠です。 APIは、多様なアプリケーション間の相互運用性を促進することで、プロセスを合理化し、新機能の開発を可能にし、最終的には、より動的で相互接続されたデジタルエクスペリエンスの作成に貢献します。

今日のデジタル環境におけるAPIの重要性と成長は、脆弱性を悪用しAPIを悪用しようとするサイバー犯罪者の主要なターゲットとなっています。 APIの悪用が成功すると、データ侵害、サービスの中断、システムの侵害などの重大な結果が発生し、企業とその顧客に重大なリスクをもたらします。 ポストマンの最新の API State of APIレポート によると、企業の30%がAPIセキュリティ関連のイベントが四半期ごと(またはそれ以上)に発生していると報告しています。 Venture Beatはまた、APIの脆弱性により、世界中の企業が年間10億$75の損失を被ると推定

攻撃者がAPIを発見する前にAPIを検出して監視する

Ponemon Instituteが最近実施した調査では、 調査参加者の54%が、すべてのAPIを特定してカタログ化することが困難であると回答しています。 ハイブリッドアプリケーション環境全体での急速なイノベーションのプレッシャーは、文書化されていないAPIや適切なガバナンスプロセスの一部ではないAPIの作成につながり、使用中および提供中のさまざまなAPIを組織が制御できなくなることを招きます。 そのため、APIを保護するには、攻撃者が行う前にAPIを検出する必要があります。検出できないものを保護することはできません。