Home Blogs D2Cの台頭がライブスポーツの広告に与える影響
Applications

D2Cの台頭がライブスポーツの広告に与える影響

About The Author

Outline

このブログは、ダイレクトツーコンシューマーストリーミングがメディア環境をどのように再形成しているかについての2部構成のシリーズの第2弾です。 パート1はこちらをご覧 ください。

ライブスポーツストリーミング市場は、新しいプレーヤーが従来の放送モデルに挑戦するにつれて、急速に進化しています。 最近のUEFAチャンピオンズリーグの権利配布は、これを例証しており、2024年からAmazon、TNTスポーツ、BBCが権利を共有している。 スポーツ権保有者は、競争の激しい環境でコストのかかるスポーツ施設のROIを最大化するというプレッシャーに直面しています。 その結果、強力なGo-to-Market戦略の策定がこれまで以上に重要になっています。

今日のストリーミングテクノロジーの手頃な価格と品質は、組織が新しい収益化ストリームを活用しようとしているため、直接消費者向け(D2C)戦略の採用を促進しています。 しかし、スポーツのライブコンテンツを高品質でグローバル規模で配信することは、特に効果的で信頼性の高い広告ワークフローを実現するためには複雑な取り組みです。

オンライン動画広告の新たな機会

広告の繰り返しや品質の問題により、視聴者を失望させることがよくあります。 多くの権利者は、パーソナライゼーションと測定の欠如によって高いCPMを達成することに失敗しています。

統合的なD2C戦略により、スポーツ組織は相互作用と消費習慣に関するデータを収集することで、視聴者を包括的に理解することができます。 このデータを活用して、ターゲットを絞った広告を配信し、特定の製品を効果的に宣伝し、追加の収益を生み出すことができます。

アーカイブされた資料、リアルタイムの統計、ソーシャルメディアの統合、ゲーム内のライブチャットなど、ファンが望むコンテンツをより自由に選択でき、柔軟に提供することを目的としています。 その結果、カスタマイズされたファンエコシステムは、パーソナライズされたファン中心のエクスペリエンスを通じて収益化を最大化するのに役立ちます。

D2C環境における広告の複雑さへの対応

D2C分野では前向きな勢いがありますが、広告の複雑さを過小評価してはなりません。 ブランドは、高品質の広告を使用してD2C製品を構築する機会をつかむことができますが、ファーストパーティとサードパーティの販売のバランスをとると、非常に複雑になり、複数の広告ネットワークとの統合が可能になります。 さらに、コンテンツ所有者は、広告コンテンツの準備、ブランドの安全性、リアルタイムの測定を考慮する必要があります。

D2C戦略を効果的に実行するには、ブランドにはクラス最高の技術インフラストラクチャが必要です。 放送レベルの耐障害性と分析の統合により、コンテンツとデジタル資産を管理するプラットフォームが必要です。 インフラストラクチャは、市場の進化に適応し、新しいテクノロジーが出現したときに組み込むのに十分な柔軟性を備えている必要があります。

構築、購入、またはパートナー

レジリエンスと柔軟性は、広告コールが同時に発生するライブ環境で複雑さを大規模に管理するために不可欠です。 適切なテクノロジーアプローチを選択することは、コストが急増している時代に権利所有者が在庫価値を最大化するために不可欠です。

これまで、企業は自社のテクノロジーを活用するために社内に保管してきました。 しかし、メディア企業は現在、あらゆるビジネスモデルをサポートし、変化する収益戦略に適応できる最善のソリューションを求めて、サードパーティベンダーにますます注目しています。

競争と複雑さの両方が増加しています。 それにもかかわらず、適切な戦略とそれを実装するための適切なパートナーがあれば、D2Cプロバイダーは現場内外で永続的な成功を達成する可能性があります。

Uplynkは、ストリーミングビジネスを強化するためのシンプルでスケーラブルなワークフローを提供します。

当社は、複雑さを軽減し、メディア企業が迅速かつコスト効率の高いサービスを市場に投入できるよう支援する、信頼性の高い柔軟なソリューションを提供し ます。これにより、ブランドはビジネスの差別化要因、オーディエンスの拡大、コンテンツ戦略に集中できるようになります。 Uplynkは、あらゆる収益化戦略を活用し、最小限のリソースで拡張しながら、最高品質のリニア、ライブ、オンデマンドの動画体験を世界中の視聴者にストリーミングするための重要な基盤を提供します。 Uplynkは数十万のライブイベントを処理しており、2022年だけで24億のイベントビュー、33億時間のストリーミング動画、220 100万時間の広告を生成しています。