Home Blogs Edgeとは何か、またWeb開発をどのように変えているか
Applications

Edgeとは何か、またWeb開発をどのように変えているか

About The Author

Outline

長年にわたり、AmazonやGoogleなどの企業がホストするリモートサーバーやデータセンターを使用してアプリケーションにアクセスし、データをクラウドに保存することに慣れてきました。 しかし、この集中化されたアプローチは変化し始めています。 コンピューティングは「エッジ」でますます行われていますが、これは具体的には何を意味するのでしょうか。

Edgeとは

Web開発における「エッジ」とは、演算とデータストレージ用のハードウェアを世界中の多くの場所に配置して、応答時間を改善し、帯域幅を節約する分散コンピューティングパラダイムを指します。 これには、コンテンツのキャッシュ、アプリケーションの実行、およびさまざまなタスクの処理が含まれます。これらのタスクは、集中型クラウドベースのシステムに長距離送信されるのではなく、エンドユーザーの物理的な場所(ネットワークの「エッジ」)に近い場所で行われます。

自動運転車やリアルタイムのナビゲーション更新の多くの機能は、エッジコンピューティングです。 工場のフロアにあるセンサーが性能を分析し、機械を調整していますか? エッジコンピューティングも このローカリゼーションへの移行は、スマートデバイス、高速帯域幅、AI機能などの台頭によって実現されています。 そして、それはウェブ開発に大きな影響を与えています。

エッジコンピューティングの利点

エッジコンピューティングの主な利点は、データがあるポイントから別のポイントに送信されるときに発生する遅延であるレイテンシを劇的に削減できることです。 サーバーをエンドユーザーの近くに配置することで、データを遠くまで移動する必要がなくなり、目的地に迅速に到達できます。 これにより、Webアプリケーション、特にリアルタイムの対話が必要なアプリケーションのパフォーマンスが大幅に向上します。

また、エッジコンピューティングは、データを長距離間でやり取りする必要がないため、帯域幅の使用量を削減するのにも役立ちます。 これは、オンラインゲームなど、大量のデータを処理する必要があるアプリケーションに役立ち ます。 Web開発に関しては、エッジコンピューティングには次のような利点があります。

  • パフォーマンスの向上: 前述のように、レイテンシーを短縮すると、Webアプリケーションのパフォーマンスが大幅に向上し ます。 これにより、ウェブサイトやアプリの応答性が向上し、ユーザーエクスペリエンスが向上します。
  • リアルタイムデータ処理: エッジコンピューティングは、リアルタイムのデータ処理と分析を可能にします。 これは、ライブチャットアプリケーションやオンラインマルチプレイヤーゲームなど、リアルタイムでデータに応答する必要があるアプリケーションに特に役立ちます。
  • 耐障害性: クラウドコンピューティングは、開発者がアプリケーションを迅速かつ簡単にスケールアップできるようにしていますが、エッジコンピューティングは、トラフィックの多いイベントや大規模なサイバー攻撃の際に、より多くのノードにトラフィックを分散させることで、より高い耐障害性を提供します。
  • セキュリティとプライバシー: データを中央のサーバーに送信するのではなく、エッジで処理することで、データが傍受または改ざんされるリスクを減らすことができます 。 さらに、国境を越えたデータの移動を制限するデータプライバシー規制への準拠にも役立ちます。

エッジコンピューティングは、集中型サーバーからより分散型アーキテクチャに焦点を移すことで、Web開発を変革しています。 これにより、Webアプリケーションを構築して展開するための新しい技術や技術が開発されてい ます。 たとえば、開発者は、単一の中央データベースではなく、複数の分散データベースで動作するようにアプリケーションを設計する必要がある場合があります。

Edgio社のような企業は、ウェブアプリケーションのホスティングやコンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)を介したコンテンツ配信などのサービス向けにエッジ・コンピューティング・プラットフォームを提供しています。これらのサービスに はすべて、セキュリティ機能が組み込まれています。 これにより、開発者は運用チーム全体でサポートを提供する必要なく、アプリケーションの構築、セキュリティ保護、デプロイ、拡張を容易に行うことができます。

Edgeネイティブアプリケーションの開発に必要なスキル

全体として、エッジコンピューティングはWebアプリケーションの設計と導入方法に大きな変化をもたらし、今後数年間でWeb開発に大きな影響を与える可能性があります。 エッジコンピューティングの出現によりWeb開発が進化するにつれて、開発者は新しいスキルを習得し、既存のスキルを適応させる必要があります。 エッジコンピューティングへの移行をうまく管理するために、開発者が重視すべき分野をいくつか紹介します。

セキュリティとプライバシー

エッジコンピューティングのリスクは、「エッジ」が定義されている場所によって異なります。 IoTデバイスに拡張すると、これらのデバイスの多様なセキュリティ機能、さまざまなプロトコル、および標準が相互運用性の問題や脆弱性などのリスクをもたらします。 これらは、ソフトウェアを更新して物理的なセキュリティを確保することで最小限に抑えることができますが、リソースが限られている一部のデバイスは高度なセキュリティ機能をサポートしていない場合があります。

ただし、エッジコンピューティングをネットワーク/電話会社のエッジに拡張すると、物理的なセキュリティが強化され、準拠したハードウェアおよびソフトウェアソリューションを選択できるため、リスクが低くなります。 セキュリティを確保するためには、定期的なアップデートとハードウェアの更新が不可欠です。 エッジデバイスが標準のセキュリティプロトコルをサポートし、規制に準拠している場合、エッジからクラウドへの転送は他のデータ転送と同様です。

最先端のコンピューティング・プロバイダーは、PCI DSS Level 1、SOC2、ISO27001などの規格でインフラストラクチャを認定しています。 データの保存場所にかかわらず、データ侵害を防ぐためには、保存中と転送中の両方のデータに対して適切な認証、承認、および強力な暗号化が不可欠です。 アクセス制御を監視し、オーバープロビジョニングを回避する必要があります。 本質的には、エッジコンピューティングプラットフォームをパブリッククラウドのように扱い、特定のツールと知識を必要としますが、責任を共有するフレームワーク内で運用します。

開発者は、エッジコンピューティングがもたらすセキュリティ上の課題を理解する必要があり ます。 これらの課題に対処するには、デバイス、ネットワーク、アプリケーションの各レイヤーを含む統合セキュリティアプローチを採用する必要があります。 これには、安全なハードウェアコンポーネント、暗号化された通信、信頼できる実行環境、および定期的なデバイス管理と更新の使用が含まれます。

エッジコンピューティングは新たなセキュリティ上の課題をもたらしますが、いくつかの利点もあります。 サーバーレスコンピューティングの一時的な性質により、攻撃者がターゲットを特定することが困難になります。 エッジデバイスが大規模なグローバルネットワークの一部である場合、強化されたセキュリティの恩恵を受けます。 たとえば 、オンプレミスアプリケーションを侵害する可能性のある重大なDDoS 攻撃は、大規模なエッジプロバイダーによってより効果的に迂回させて中和することができます。

サーバーレスアーキテクチャ、FaaS(Functions as a Service)、エッジでのデータ処理

サーバーレスコンピューティングとFaaSは、エッジコンピューティングと組み合わせて使用されることがよくあります。 これらのモデルを使用して、開発者は、クラウドプロバイダーによってオンデマンドで実行される関数やマイクロサービスを作成します。これは、多くの場合、エッジサーバー上で実行されます。 開発者は、このような種類のアプリケーションを作成してデプロイする方法を理解する必要があります。 データがエッジで処理されるため、開発者はこれらの環境でのデータの処理方法を認識する必要があります。

これには、エッジコンピューティングプラットフォームでホストされるように設計されたデータベースなど、エッジコンピューティング用に設計された新しいエッジストレージツールの学習が含まれる場合があります。

Tursoのようなエッジツール上のSQLiteは 、エッジコンピューティング用に設計された軽量で合理化されたリレーショナルデータベースとして機能します。 これにより、レイテンシーが最小限に抑えられ、リアルタイムのデータアクセスが可能になります。 PlanetScale、Neon、CockroachDB、EdgeDBなどのエッジ上のリレーショナルデータベースは 、エッジ環境に本格的なリレーショナルデータベース機能を提供することを目指しています。 RedisまたはUpstashのようなオブジェクトストレージソリューション は、拡張性が高く、耐障害性が高く、高速なストレージシステムを提供するように設計されています。 開発者は、エッジコンピューティングで利用可能な最新のツールとテクノロジーを常に入手するだけでなく、インフラストラクチャを効果的に管理することにも習熟する必要があります。

DevOps、Infrastructure as Code(IAC)、および特定のエッジプラットフォームの理解

エッジコンピューティングの普及に伴い、インフラストラクチャコードの管理が重要になります。 開発者は、IACツールを使用してリソースを定義および管理する方法を理解する必要があります。 一般的な例としては、Terraform、Pulumi、AWS CloudFormationなどがあります。 最後に、開発者はEdgio、Fastly、Cloudflare、CloudFrontなどの特定のエッジコンピューティングプラットフォームに慣れる必要があります。

各プラットフォームには独自の機能、API、開発モデルがあるため、開発者はこれらの詳細を理解する必要があります。 これらの領域に焦点を当てることで、開発者はエッジコンピューティングへの継続的な移行に備えることができます。 テクノロジー業界では常に、継続的な学習と適応が重要です。

結論:Web開発におけるエッジコンピューティングの台頭

デジタル環境が進化するにつれて、エッジコンピューティングは、Webアプリケーションの開発、導入、拡張の方法における画期的な変化として出現しています。 プロセスを分散化し、コンピューティングをユーザーの近くに配置することで、エッジコンピューティングはウェブ開発に革命をもたらし、レイテンシーの削減、パフォーマンスの向上、カスタマイズされたユーザーエクスペリエンスを提供します。

しかし、その無数の利点とともに、特にセキュリティ、相互運用性、コンプライアンスなどの分野で新たな課題も生じてい ます。 将来を見据えて、今日のウェブ開発者は、エッジコンピューティングの複雑さを乗り越えるためのスキルと知識を身につけなければならないことがますます明らかになってきています。 エッジパラダイムを採用することは、このダイナミックなWebテクノロジーの時代に関連性と競争力を維持することを目指す開発者にとって極めて重要です。

Edgioは業界をリードするエッジプラットフォームであり、パフォーマンス、セキュリティ、拡張性のための統合ソリューションを提供する と同時に、基盤となるインフラストラクチャを管理します。

詳細については、 エッジの専門家にお問い合わせください。