Home Blogs Edgio、ライブストリーム配信用のライブプッシュインジェストを追加
Applications

Edgio、ライブストリーム配信用のライブプッシュインジェストを追加

About The Author

Outline

「State of Online Video 2019」レポートによると、世界中の人々がこれまで以上に多くのオンライン動画を視聴しています。 現在のCOVID-19の状況は、ビデオストリーミングをさらに高い記録レベルに引き上げています。

コンテンツプロバイダーが独自のビデオフォーマットとパッケージングを処理してライブビデオを配信する一般的な方法 は、CDNを使用することです。 この場合、CDNはHLS、DASH、またはその他のフォーマットのコンテンツセグメントとマニフェストをコンテンツプロバイダーのオリジンサーバーから取得し、視聴者に配信します。 これで十分に簡単に思えるので、ライブビデオストリームを配信する別の方法の必要性を駆り立てる問題は何でしょうか。

プルストリーミングを使用した主要なライブストリーミングイベントでは 、ライブイベントの人気が高まるにつれて、特にライブスポーツでは、オリジンへのリクエストの増加により、ストレージエグレスコストが増大し、極端な場合にはオリジンサーバーの容量を超えることさえあります。 拡張性の問題に加えて、プルワークフローでは、プッシュワークフローよりもレイテンシの問題が多く発生します。

ライムライトライブプッシュインジェストの紹介

Limelight Live Push Ingestを使用すると、ストリーミングメディアセグメントとマニフェストをライムライトにプッシュしてライブ配信できます。エンコードワークフローとオリジン帯域幅を完全に制御し、堅牢なコンテンツ配信オプションで出力コストを削減できます。 コンテンツをライムライトのCDNに直接ピアリングされている専用の取り込みサーバーにプッシュすることで、ライブビデオ制作でレイテンシーを引き起こすいくつかのステップを排除できます。 ライムライトライブプッシュとライムライトCDNを直接統合することで、コンテンツ制作サーバーやオリジンサーバーに過負荷をかけることなく、ライブイベントを大規模に拡張できます。

Live Push Ingestは既存のプッシュ方式と互換性があり、高解像度のサポート、大規模イベントに対応するスケーラブルな容量、取り込みの冗長性、グローバル配信、暗号化、ビデオコンテンツのアクセス制御など、豊富な機能を備えています。 機能と仕様の詳細については、Live Push Ingestデータシートをダウンロードしてください。

ライムライトがライブストリーミングの課題を解決する方法については、お問い合わせください