Home Blogs Edgio at IBC2023:市場投入までの時間を短縮し、運用規模を拡大
Applications

Edgio at IBC2023:市場投入までの時間を短縮し、運用規模を拡大

About The Author

Outline

Edgioは昨年、メディア業界最大かつ最も重要なビジネスおよびテクノロジーイベントの1つであるIBCデビューを果たした後、わずか数週間でアムステルダムのRAI (9月15日~18日)で開催されたIBCショーに戻ります

アムステルダムに戻って、世界中のお客様、パートナー、業界の友人と交流できることを非常に嬉しく思います。 IBCは、世界中のテクノロジー企業やメディアビジネスリーダーが一堂に会し、最も重要な課題に取り組み、ビジネスの成長を促進する新しいパートナーシップを発見するために、常に多忙で生産的なショーです。

IBC2023では、受賞歴のあるUplynkソリューションを紹介し ます。このソリューションは、メディア企業が市場投入までの時間を短縮し、運用規模を拡大しながら、最高品質のストリーミング体験を世界中の視聴者にシームレスに提供できるよう支援します。 ショーでお客様に見ていただき、聞いていただき、お話ししていただきたいことは次のとおりです。

ROIの確保と運用コストの削減

メディア企業は移行段階にあり、困難な経済的逆風に直面しながら、視聴者に最適な方法でサービスを提供するための新しい方法を模索しています。 収益性を高め、オーディエンスを拡大するためには、コンテンツ所有者は、複数のビジネスモデルにわたってアクセス可能な価格で高品質でカスタマイズされたコンテンツ体験を提供する必要があります。 収益化を最適化し、運用コストを削減しながら、グローバル規模でこれを実現することは非常に困難です。 Edgioはこれを理解しており、実績のある専門知識とクラス最高のテクノロジーを備えており、主要な組織が運用効率を最大化しながらROIを向上させるのに役立ちます。

ストリーミングの複雑さの克服

AVODやFASTのような新しく成長しつつある配信モデルの実験は、ビジネスとテクノロジーの両方の観点から、ストリーミングに途方もない複雑さをもたらします。 さまざまなサブスクリプションタイプ、視聴形式、デジタルプラットフォームで高品質のコンテンツを視聴者に配信しながら、個別のストリームに合わせてカスタマイズされた収益化を実現するには、ビデオテクノロジーのワークフローに大きな需要があります。 組織が複雑化する中、Uplynkのソリューションを活用して、取り込みから配信、分析まで、今日のビデオストリーミングのすべての課題を解決するために、最新のパートナーシップと統合を検討します。

トレードオフのないレイテンシーの削減

コンテンツ所有者は、効果的な収益化、高品質の提供、レイテンシーの削減を実現するために、視聴者とビジネスの両方のニーズをバランスさせる方法を模索しています。 IBCのショーフロアでは、レイテンシーの短縮が長い間話題になっていましたが、従来、メディア企業は収益化の信頼性と品質を犠牲にして配信する必要がありました。 Uplynkは、コスト、品質、収益化を犠牲にすることなく、15秒の遅延を最小限に抑えています。また、収益化戦略とユーザーエクスペリエンスを改善するためのいくつかの新機能をリリースしました。

Uplynkは、ストリーミングビジネスを強化するための簡素化されたスケーラブルなワークフローを提供します。

当社は、複雑さを軽減し、メディア企業が迅速かつコスト効率の高いサービスを市場に投入できるよう支援する、信頼性の高い柔軟なソリューションを提供し ます。これにより、ブランドはビジネスの差別化要因、オーディエンスの拡大、コンテンツ戦略に集中できるようになります。 Uplynkは、あらゆる収益化戦略を活用し、最小限のリソースで拡張しながら、最高品質のリニア、ライブ、オンデマンドの動画体験を世界中の視聴者にストリーミングするための重要な基盤を提供します。 Uplynkは数十万のライブイベントを処理しており、2022年だけで24億のイベントビュー、33億時間のストリーミング動画、220 100万時間の広告を生成しています。